2020年1月5日日曜日

親善大会・速報202005

あけましておめでとうございます。

例年最初の話題と言えば、昇級審査あたりが妥当ですが、今年はなんと親善大会に始まります。まだ門も取れてないのですが、今年も中原は大活躍でした。

第11回神奈川県空手道親善大会 中原支部結果
蝉丸愛莉
 形 初戦
  組手 ベスト8(敢闘賞)
吉岡巧真
  形 ベスト8(敢闘賞)
  組手 二回戦
中村優吾
 形. 組手 初戦
畠平知希
 形,組手 四位(敢闘賞)
鴨頭結菜
 形   三位
 組手 優勝
内野心
  形    二位
 組手  優勝
中村 まい
  形・組手 二位
李 書皓
  形、組手 四位(敢闘賞)
吉岡悦史
  形5位 組手3位

中村兄弟 兄弟形 8位
畠平兄弟 兄弟形 9位  
鴨頭ファミリー 親子形コート四位


今年も頑張りましたねぇ~。結果が出なかった人もいますが、組み合わせの運もあるので、引き続き初戦からいきなり強い人に当たっても負けないぐらいのつもりで、稽古に励んで下さい。(私は(こっそり)そうしています。)

優勝者が出てよかったです。ユナ、ココロおめでとう!!優勝者が出なかったら、ヒロが(なぜか)責任を取って、スクワット蹴り1000本になるところでした。(嘘ですが)
逆に優勝者が出たということは....。

というか、ココロはいつもオシイ感じだったのですが、優勝は初めてでは無いでしょうか?素晴らしい!!(てか、笑え!!(笑))

やりゃぁ出来るじゃないか?!って子もいますね。もっとやっちゃって下さい。

さておき、後日詳細を掲載いたします。

2019年12月31日火曜日

10大ニュース2019

全国1000万のファンの皆様元気かなぁ~久々にDJカズモンがやってきたよぉ~
というわけで、「ナカハラトゥデイ」ちえけらー!!

大晦日ですねぇ~。
毎年10大ニュースは道場のみんなの投票結果を集計して、納会で発表されるんだけど、去年はヨッシーさん、今年はウッチーさんが発表してくれよよね?
そして、この大晦日、ここで改めて発表するのが恒例なんだ。
何?去年はブログ発表は無かった?えぇ?そうだっけ。まぁ小さいことを気にしていると、大きな人間になれないぜ!うん。確かに無かった。

ちなみに、タイトルは「輝け第8回(多分)斎藤和夫杯争奪!!10大ニュース」
だったんだ。まぁホント多分、8回目ぐらいだと思うぞ。

カズモン去年はいなくて引き継ぎすらも出来なかったけど、今年はウッチーさんに大事な事を引き継ぐのを忘れていた。「10大ニュースの発表者はコスプレをしなきゃいけない」って事だ。師走の忙しさにかまけて忘れていたらしい。ダメダメだね。
まぁハートのメガホンが可愛かったから良いのかな?

まぁ今年もころ残すところ2時間。押せ押せなので、サラッと行こう。
まず、10位から4位まで。一気に発表だ!!

第10位 体育館が寒かったけどみんな頑張った!!「支部部宿」
第9位 神奈川県大会に向けてレッゴー!!「強化合宿」
第8位 中原支部のダスティン・ホフマン 鈴木“ジェントルマン”シンタロウ 初段合格!!
第7位 オ・ト・ナの カ・ラ・テ…♡ みちこさん、覚醒!組手3位!団体型も息ピッタリ!「第31回関八州覚醒親善空手道選手権大会」
第6位 楽しい?合宿「千代田合宿」
第5位 おめでとうございます!! 洲之内先生、四段合格!押忍!!
第4位 最終兵器アイリ形 組手準優勝!ステラ形準優勝!ヒロミチ組手準優勝 みんながんばった!「抱一館杯」

いや、素晴らしい。まさに、「イイね!!」👍だね。


3位は4件もあったらしい。
同立がたくさんある場合は、前はそれ以前を省略していたんだ。例えば、9位が2件あたら、次は7位みたいな感じ。まぁでも、3位が4件もあったらそれもやりにくいし、まぁ何しろ、小さな事を気にするヤツは大きな人間には慣れないぜ。
てなわけで、3位4件、行ってみよう!

第3位 きれい、最高、でも、すべるぅ~井田中学校道場、床の張替え!
きれいだよね。床の材質が、実は小杉KCも同じ感じなんだ。同じ業者なのかな?
滑っても体幹を鍛えていれば、大丈夫だ。多分....。
というか、なんでコレが3位なんだ?わかんないけど、まぁ道場がキレイなのは良いことだ。
続けていこう

第3位 ここから未来のスターが生まれる…。初心者向け空手教室「中原KCスタート」
うぁ、誰もいない写真しか無かった。師範のブログから持ってくればよいのだけど、案外大変なんだ。ごめんね。

第3位 さすが!お見事!!IKU先生、全国3位!!「熟練者全国空手道選手権大会」
嬉しいときは、嬉しそうな顔をするIKU先生だけど、こんなに嬉しそうな顔は見たことが無いってカズモンが行ってたよ。ほんとおめでとう!

第3位 やったね!!体調不良を乗り越え「ユウスケ、初段合格!!」
本当におめでとう!!空手は初段からって言うから、これから益々頑張ってほしい。いいか?わかっているか?ここからがスタートであって、ゴールじゃないんだぞ。どうもゴールだと思っている人が多くて、困るらしいぞ。うん。

第2位 子供全員入賞!!関東大会、全国大会の切符を手に入れた!「神奈川県大会」
今年は快挙が沢山あったけど、これもその一つ。すごいよね。来年も頑張ってね。

第1位 快挙!! ステラ組手敢闘賞!ユナ組手準優勝!「第44回関東地区空手道選手権大会」
そう。快挙の中の快挙はコレだぁ~。本当にお見事だね。
なんか日本一が見えてきてない?見えてるよねぇ~。甘くは無いのだけど。

番外編 地獄的で果てしない 強化稽古〜2/3から日曜日が無くなった!!
もう誰が投票したのかわっちゃうけど、ホントすごいよねぇ~。



編集後記というか、その他の話

というか、いつもはAN先生が「その他」に面白い事とか書いてくれるんだけど、今年は無かったのかな?

あと、カズモン、例年は自分が投票すると、結果が見えてるだけに、結果に影響を与えちゃうから、投票をしていなかったんだ。別に最初に投票すれば良いだけなのにね。
そんで、その調子で今年も投票を忘れてしまったらしい。ダメだねぇ~。

それで番外ちゅうか、「その他」に入れたい事があったらしい。去年の第一位だったらしい事の続きとしてね。
「突然いなくなったカズモン。シレっと道場に帰ってくる」
うぁしょうもない。

まぁそんなわけで、この2019年。令和元年も、話題が盛り沢山だったね。
来年も、こうしてみんなで、物語を作っていきたいよねぇ。

それでは、はばないすでー、バイバーイ!!DJカズモンでしたぁ~。
というか、「良いお年を」。みなさんにとって、東京オリンピックイヤー2020が、素敵な年になりますように....。

2019年12月30日月曜日

昇段審査・詳細 20191201

速報だけ書いておいて、詳細を書かないという手抜きも多くていつもすみません。遅くなりましたが、12/1に行われた昇段審査の詳細です。

※注意
最近肖像権の問題等がうるさいあるので、撮影が規制されました。
審査自体は「自分のお子さんだけ撮るように」というお達しでした。いつもは、会場の雰囲気を伝えるために、色々な写真も載せますが、今回はウチの道場の子が写っているの写真だけ載せます。それで、それ周囲はボカそうとも思ったのですが、それも画的におかしいので、そのまま載せます。何らかの問題等ありましたら、対処いたしますので、メール等でご連絡下さい。

前日までの昇段審査受審者向けの厳しい稽古の疲れと極度の緊張のため足どりも重く、いつもの伊勢原体育館へ。
って、お約束の文言で開始しましたが、ここに受審した二人は写っていません。

まずは、講習会ですが、撮影も禁止との事で、でも広報部なので、撮影しても良いかとも思いましたが、私は講習会にシレっと参加しているし、とりあえず師範も撮影を控えましたので、写真は一切ありません。

で、何やったんだっけ?歳のせいか覚えていない。もう、講習会とかに出たらメモを取るとかしないとダメですね。
それでも無理やり思い出せば、今回は井村先生だったのですが、
少しきつめな基本に始まり、移動基本があり、自由一本のご指導があり、二人一組で実際に突いたり受けたりして、選定形を4つやって、選定形以外の形の人向けのご指導だったと思います。

あーそうだ、選定形の後、「それ以外の形をやる人は前に。審査受けない人でも良い」と言われて、選定形以外の形をみんなでやるのかと思って、言葉通り前に出たら、私以外は、審査を受ける二人しかいなくて、顔面蒼白。しかも何をやるかは自己申告。何をやれば良いんだ?と焦っていて、隣の三段を受ける方が、「荘鎮」と言ったので、右に倣えで、「荘鎮」と言いました。心の中の言葉で書けば、「じゃぁ荘鎮」です(笑)。最近あまり目立たない私ですが、久々にやっちまったという感じです。でも、県内の先生のご指導も受けられたので、結果オーライです。
あとで、師範に「普通あそこで出ないでしょ?」と言われました。なんだか、ここの記事としては久々なお約束的な出来事でした。

あと、自由一本はピョコン、ピョコンっと相手に接近する人が多いですが、それはダメで、素早く間堺に進み、相手を威嚇して、駆け引きして攻撃するという感じでした。言葉で書けば簡単だけど、実践するのは大変です。

話を戻しましょう。昇段審査です。

なんか、試合にしても何にしても、ウチの子達って、いつも一番前にいる事が多いです。とても良いと私は思います。

YUSUKEの基本。

MIZUKIの基本

YUSUKEの形。


きまったぁ~!!

MIZUKIの形


きまったぁ~!!

YUSUKEの自由一本。

MIZUKIの自由一本。向かい合ったときのMIZUKIの顔って怖いんですよ実は。これ案外大事です。



そして結果発表。なんか、自分が受けたときと同じくらい緊張しました。私がそうなのだから、親御さんはもっとでしょうね。

記念撮影です。二人共よく頑張りました。

速報の通り、YUSUKEは合格しました。
MIZUKIは残念な結果でした。
私見ですが、形はじっくり見ていましたが、MIZUKIもそんなに悪く無かったと思います。(ホントに)。例年比厳し目だったのかなぁ~?
まぁ結果は結果です。これからもめげずに頑張って下さい。


編集後記

いや、編集後記では無いのかな?
弐段、参段の審査のあと、井村先生がおっしゃっていました。
「自由組手と、試合組手は違う」と。
確かに、二段、参段の組手を見ていたら、試合みたいな人もいらっしゃいました。
本当に難しいですよね。
自由組手と試合組手の言葉上の違いをここで初めて知りましたが、意味はわかります。「試合組手」は技ありまたは一本を取ることが目的で、ここで言われた「自由組手」は、色々な技を出すとか、それをいかに捌くかとか、「空手の技の出し合い」なんだと思います。
そして、これは特に子供達に言いたいのですが、そこの元には基本があります。(基本の稽古時間にいない事が多い私が言うのもなんですが)基本は「つまらなくて、なんだかわからないけど、毎回やらされること」とか思っていちゃダメですよ。そこをしっかりやらないと、形も組手も強くはなれないという事です。大抵の先生方がコレを読まれたら、「そんなの当たり前だ」と言われると思います。そう「当たり前」な事なのです。
頑張って参りましょう。